普通免許取るならAT、MTどっちにするべきなのか

オートマチック限定免許というものが作られたのが平成初期らしいが、今では新しく普通免許を取得するなかで6割くらいの人がAT限定を選ぶという統計が出ている。

私の考えとしては、近いうちにマニュアル車を運転する予定がない方については、AT限定を取得しておくのが無難であり、コスト的にも合理的だと思う。今日はその理由について説明したい。

教習費用はどのくらい違うのか

普通免許の規定教習時限は、第1段階(場内)が、MT免許が15時間、AT免許が12時間となっており、たった3時間の差である。ちなみに第2段階(路上)はどちらも19時間で同じである。以下の表に普通免許の技能時限数をまとめた。

  第1段階 第2段階 合計
普通AT限定免許 12時限 19時限 31時限
普通MT免許 15時限 19時限 34時限

1時間の教習料金を5千円とすると、3時間の差はすなわち1万5千円くらいの差になると思われるが、実際にはそれ以上になることもある。というのは、規定時限数以上の時間がかかる可能性があるからだ。

マニュアル車の運転はクラッチペダルとシフトレバーの操作が必要になり、アクセルとブレーキだけで済むオートマチック車と比べると格段に難しくなる。規定教習時限はATよりも3時間長い15時間となっているが、15時間でマスターして修了検定を受けれるレベルに達するかについては個人差がある。

規定時限というのは、教習が順調に進捗した場合はその時間数履修すれば検定を受検できるというものであり、ようするに上達が微妙であれば教官の裁量で延長されることになる。その場合は1時間に5千円くらいの追加料金が発生する。

規定時限で終わる人も多いが、1~2時間延長になってしまう人も結構多い。その程度ならまだいいが、中には5時間とか10時間とか延びてしまう人もいて、10時間延びれば5万円以上かかってしまう。さらに、修了検定や卒業検定に落ちてしまった場合は補習を最低1時間受けなければならず、それに加えて検定料金も発生するので最低1万円はかかると思っていいだろう。

一方でAT限定免許の場合は1段階が規定12時限であるが、概ねの人がこの時間数で終わるというわけでもなく、あくまでも個人差があることなので、中には延びてしまう人もいる。ただ、そうは言っても操作は圧倒的にオートマチック車の方が簡単である。

そもそもMT車とはどんなものか

ATとはAutomatic Transmission(オートマチック・トランスミッション)の略、MTとはManual Transmission(マニュアル・トランスミッション)の略である。

トランスミッションとは変速機のことであり、エンジンの回転を適切なトルクや回転数に変換して車軸に伝えるための装置である。発進するときには大きなトルクが必要となるが、高速走行するときには低いエンジン回転でより多く車軸を回した方が燃費がよくなる、という風に乗り物において変速機は必須なのであある。もちろん自転車にも付いている。

さて、AT免許かMT免許か選ぶのに迷っている時点で、もしMT免許が具体的にどんなものか分からないのであれば、それを選ぶ必要など全くない。多くの教習所の中の人たちから最近多く聞かれることだが、「友達がMTを選んだから」とか「親がMTにしなさいと言ったから」とか、そういう理由でMTを選ぶ人がとても多いそうだ。親しい人でMT車に乗っている人がいるのかい?と聞くと「いや、みんなオートマに乗っています。MT車は今ここで初めて見ました」と答える人があまりにも多いそうだ。要するにMT車とはどんな乗り物なのか、ギアとは、クラッチとは何なのかを知らずに選ぶ人がほとんどなのだ。

マニュアル車とは、要するにギアチェンジを全て手動で行わなければならない、実に面倒な車である。自転車に乗る方ならわかると思うが、安い自転車でも3段、高級なロードバイクであれば24段くらいの変速機が付いているだろう。自動車も同じで内部に変速機を持っていて、エンジンの回転をより効率的に車軸に伝えているのである。オートマチック車であれば、アクセル開度や速度から自動的にギアが選択され、変速されるが、マニュアル車はドライバーがタイミングよくギアチェンジをしなければならない。その際には、左足でクラッチペダルを踏むことによってエンジンの動力を遮断してからギアチェンジを行い、その後クラッチペダルを戻してクラッチを繋ぐという操作が必要になるが、上り坂などにおいてはより迅速に操作しなければならず、実に面倒である。

詳しく知りたい方は、ググればいくらでも出てくるし、YouTubeで分かりやすい動画もあるだろう。TBSで日曜日にやっている下町ロケットでも「トランスミッション」の映像がたびたび出てくるが、MT車はまさにあれを手動で操作するということである。

以上に書いたことを読んでそこそこ理解できたし、マニュアル車面白そうだなって人はMT免許を選んでもいいと思う。一方で、よく分からなかった人はAT限定免許にしておいた方が無難だと思う。

私も昔は好きでマニュアル車を使っていたが、今はオートマチック車である。というのも今の車を買おうとしたときに、マニュアル車のグレードが存在しなかったのである。たまに畑仕事で使う軽トラックやトラクターはマニュアル車だし、仕事でトラックに乗ることもあるが、そういう用事がなければMTに乗る機会は皆無である。18歳で免許を取ったときに家に軽トラックがあったし、それなりにクルマが好きだったとのでMTを選んだが、周りの友達はATを選ぶ人も既に多かったように覚えている。

ちなみに、国内で販売されている普通乗用車のほとんど全てがオートマチック車である。マニュアル車なんて一部のスポーツカーと軽トラックくらいしかグレードが存在しない。

MT免許の教習をAT限定に移行することもできる

MT免許で教習をスタートしてしまったが、やっぱり難しいし、時間も延びそうなのでAT限定免許にすればよかった!という人もいるだろう。その場合は、教習所の窓口でATに移行したいと伝えれば、その次の技能教習の時間からATで受けることができる。それまでにMT車で受けた教習項目はすべて引き継がれて、続きからAT車で受けることができるのである。

多くの教習所でもちろん追加費用はかからないが、もし逆に15時限未満で終わってしまった場合も、差額の返金はしてくれないことが多い。最初からAT限定で受けた場合と比べて1万5千円ほど損をしてしまうが、MTで頑張り続けて延びまくることを考えれば、手を打つなら早いほうがいい。

また、いったんAT限定に移行してしまうと、二度とMTの教習に戻ることはできない。その場合はまずAT免許を取得した後で、AT限定解除の審査を受ける必要がある。

AT限定免許を「限定解除」してMT免許にすることもできる

AT限定免許で取ったけど、やっぱり仕事でMT車を乗らなきゃならない、ということになったら、AT限定解除という教習を受ける必要がある。

技能教習が最短4時限、それから審査(検定みたいなのも)を受ける必要があり、教習所によるが安くて6万円程度と思われる。普段AT車を運転していて慣れているとは言っても、たった4時間でクラッチやシフトレバーの操作を習得しなければならず、場合によっては延長になることもある。もし、MT車を持っている知り合いがいて、広大な私有地があるなら、ある程度練習してから行った方がいいかもしれない。

また、限定解除の審査というのは教習所だけではなく、免許センターでも受検できる。奇跡的に1回で受かればかなり安く済ませることができる。5回受けたら、交通費とかも考えると、教習所に通っておいた方がよかった…となるかもしれない。

こんな人はMT免許を取ろう

  • 自宅や実家にマニュアル車がある。
    家にある全ての車を動かせた方が何かと便利。
  • 親しい友人にマニュアル車に乗っている人がいる。
    運転を交替できた方がありがたい。
  • コストが多少高くなってもいいし、教習が少し伸びてしまっても構わない。
  • 建設業、運送業、農業などに従事する予定である。
  • 乗りたい車が決まっていて、それがマニュアル車である。
  • バスやトラックの運転手になりたいので、いずれ大型免許や大型二種免許を取得したいと思っている。
    AT限定免許から上位の免許を取れないことはないが時限数が多くなるし、難易度も高い。そのような予定があるならMT免許を取っておいた方が無難。

こんな人はAT限定免許を取ろう

  • 家にマニュアル車がない。
  • 今までにマニュアル車の助手席に乗ったことが一度もない。
  • 少しでも免許取得費用を安く抑えたい。
  • 教習が延びてしまうのは困る。短期間で取りたい。
  • クルマは趣味ではなく、移動手段のひとつ。
  • 自転車に乗ることもあるが、面倒だからめったにギアチェンジしない。
  • この記事を読んでよく分からなかった。

というわけで、今日はMT免許とAT限定免許についてのお話しでした。何か質問があればお気軽にコメントください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です